AGA専門医院

頭皮の状態や髪の毛の状態が気になっている人でも、AGAの専門のクリニックに通うことをためらう人も多くいます。やはり自分が通院しているところを誰かに見られたらとか自分がAGAであることを認めることになるために事実が受け止められなかったりということでためらう人もいるのです。しかし、早くから治療を始めることが望ましいですから勇気を出してカウンセリングに行くことから始めましょう。

多くの治療院は病院が集まっているビルに入っていたり、建物の中でも上位階にあったりと人目につかないよう配慮されていることも多いですし最初にカウンセリングが行われるため不安なところは事前に質問して確認することができます。自分の自覚している症状を話したり、専門医が頭皮や髪の毛の状態を見て適切な治療方法を提案してくれたりしますし、治療費用や通院頻度についても説明してくれるので、それを元にそこに通うかどうかを決めていくことができます。

治療の内容としては、自宅では処方された育毛剤を飲んだり塗布したりしていき治療院では血液検査や生活指導、育毛剤の効果の確認が行われます。確認作業で効果が見られなければ治療内容の変更や使用している育毛剤の濃度の調整がされます。

AGA治療院とサロン

育毛サロンは頭皮の状態を確認して、その後頭皮の脂を除去して育毛剤を塗布するというのが一般的なコースです。脂の除去の方法もクレンジング剤を使ってゴシゴシと流すところもありますしスチーマーで脂を浮かせて落とす方法もあります。いわば頭皮のエステのようなもので、そこに医療行為はなく、その運営元の作っている頭皮のクレンジング剤や育毛商品を用いてケアをして場合によっては商品の購入を勧めることもあります。

育毛サロンの場合には最短でも3か月、長いと1年間のコースを組んで進めていきます。頭皮環境の改善と血行不良を整えて、育毛剤が浸透しやすい状態を作ることから始めます。そのため、頭皮の状態が整うまでの時間が必要ですし、それから育毛剤が効果を感じるようになるために時間がかかってしまうのです。

それに対してAGAの治療院は一般の皮膚科が治療をする場合と専門病院で治療をする方法があります。皮膚科であればAGAや髪の毛の専門知識があるわけではないので、薄毛治療の知識がある医師とそうでない医師とがいるため医師によって行える治療内容に違いがあります。ただし、頭皮が炎症を起こしていたりかぶれやかゆみがある場合には、皮膚科で頭皮の状態を整えてもらうことには知識が豊富ですからとても有効です。

AGAの治療を検討

遺伝的に将来髪の毛が薄くなることがわかっている人や、髪の毛が抜けることが不安な人は早いうちから対策をしようと考えるものです。実際、早いうちから対策をすることで髪の毛が抜け始めるのを遅くすることもできますし抜けるペースをゆっくりにすることができます。そこで、最近は早いうちからの対策のためのアイテムも販売されています。AGAの対策をする際に、自分でできるケアをする方法と育毛サロンやAGAの治療院に通う方法とがあります。

自分でのケアとして、育毛シャンプーや育毛剤を使ったり頭皮環境を整えたり髪に良い食事をしたりということがあります。しかし、そういったことであまり効果を感じられなかったりより効果を得たいと思ったら育毛サロンやAGAの治療院に行くことを検討することが望ましいです。

育毛サロンというのは病院ではなく、あくまで一般企業が企業が作っている商品を利用しながら薄毛や抜け毛の改善をするための処置をしていくものです。医療機関ではないですから治療をすることはありません。ですから自分の頭皮の状態や行いたい処置の内容によって育毛サロンとAGAの治療院のどちらに通うのかを選ぶことから始める必要があるのです。また、AGAの治療院についても皮膚科や専門病院がありますから、どちらが良いのかも検討する必要があります。そこで、ここではAGAの治療を専門としている病院がどのようなことをしているかと、自分に合ったものを選ぶために育毛サロンとの違いについて紹介をしていきます。